NBA STREET Homecourt

項目数:16
総ポイント:1000
難易度:~900 ★★☆☆☆
     ~1000 解除不可

2010年2月2日をもってオンラインサーバーが停止。
操作性の悪さが目立ち、味方の守備がとてもザルであるので人によってはイライラする仕様。

フリークHomecourt Challenge Modeでレベル5に到達する40
ネームHomecourt Challenge Modeでレベル10に到達する50
Ash Park チャンプHomecourt Challenge Modeで Ash Park トーナメントをコンプリートする50
ダイアル・ロング・ディスタンスロングレンジシュートを1シングルゲーム中7本成功させる50
ダンカリシャスコープダンクを1シングルゲーム中5回成功させる50
ダブリング・アップダブルダンクを1シングルゲーム中3回成功させる50
トリックアウトトリックムーブを1シングルゲーム中10回成功させる50
GB クレイジーGamebreakerを1シングルゲーム中4回成功させる50
バッド・ナイトメアGamebreakerを一回使って勝利する50
ダブル・ディッピング作成したボーラーをレベル10にレベルアップさせる60
Rupert Bell チャンプHomecourt Challenge Modeで Rupert Bell トーナメントをコンプリートする70
マスターHomecourt Challenge Modeでレベル15に到達する80
Cloverdale チャンプHomecourt Challenge Modeで Cloverdale トーナメントをコンプリートする100
アルティメット・ジャーニーHomecourt Challenge Modeをコンプリートさせる150

オンライン:解除不可

オンラインショーダウンオンラインで10試合コンプリートする30
キング・オブ・ザ・コートオンライン対戦で10試合連続で勝利する70

●Homecourt Challenge Mode系
難易度はEasyでも解除される。
基本的には勝ち進むだけで全て解除されるが、楽にやりたい場合は下準備が必要。

まず、Pick Up GameでCPUと対戦。チームやコートは適当。
セッティングで難易度Easy、PLAY TOを100、SPOT POINTSを自チームだけ99にする。
試合が始まったらスティールとブロックを10回ずつ決めてから勝利。これでユニフォームがアンロック。
試合終了後はリマッチを選択。パスを貰う→3ポイントラインでシュートやダンクなど、速攻勝利を99回行う。
手早く行えば15秒程度で1サイクルが終わるので、所要時間は約30分ほど。これでシューズがアンロック。
面倒な場合、Back to Basicsで30回勝利するだけでもOK。性能は劣るが、別のシューズがアンロック。
それすら面倒ならDLC(300ゲイツ)。まぁまぁ性能の良いユニフォーム・シューズが手に入る。

Homecourt Challenge Modeでキャラを作成したら、このユニフォームとシューズを着せる。
これらの装備はレベルアップ効率を格段に高めてくれるので、序盤が非常に楽になる。
試合は極力簡単なもの、装備を貰えるものを選び、6~7勝したところで次のコートの試合→以下繰り返し。
コートが変わると敵も強くなるが、その分スカウトキャラも強くなるし、良い装備も手に入るので結果的に楽。

Lv5で覚えるフリークスキルはダンクを選択。ダンク時のゲージ速度が安定し、ダブルダンク判定も甘くなる。
Lv15で覚えるマスタースキルはシュートを選択。3ポイントライン付近であれば確実にシュートが入るようになる。
プレイスタイルやチームメイト次第では逆でも良いが、序盤が不安定になりがちなので上記を推奨。
スティールやブロックはスキル効果が微妙な上、気にしなくても上がっていくので勿体無い。パスは論外。
また、他の選手がこれらマスタースキルを覚えていたら、優先的に引き抜くと良い。

個人差はあるが、下準備をしていれば20勝前後で「ネーム」、40勝前後で「マスター」、60勝前後でクリア。
クリア後はキャラの育成が出来なくなる。「Cloverdale チャンプ」解除後は試合がほとんどなくなるので、
Cloverdale トーナメント直前でLv15未満であれば、そこでしばらく粘る必要がある。

●1シングルゲーム中に○○回成功系
Homecourt Challenge Modeでもオンライン対戦でも、条件を満たせば解除可能。
ローカル対戦でも可能なので、コントローラーが2つあるなら八百長でも構わない。
それぞれのマスタースキルを持つチームを選び、PLAY TOを高めに、SPOT POINTSをある程度自チームに振れば、
敵に畳み掛けられて解除前に終了…という事にならず、余裕をもって解除出来る。

●ダンカリシャス
コープダンクとはジャンプオフダンクの事。
ボール所持中に十字キー↓を押すと仲間が足場になる。そこでBボタンを押してダンクを決めればOK。

●バッド・ナイトメア
最後の点を取る時にGamebreakerを使用して点を取る。
本体の実績一覧では「パーフェクト・フィニッシュ」と表示されるが、Xbox.comだと正しく表示されている。
英語の実績名は「Ultimate Finish」。

●ダブル・ディッピング
誤訳。英語では「Level Up 2 Different Created Ballers To Level 10」とあり、
実際は「作成した2人のボーラーをレベル10にする」が正しい。
本体では解除前は「ダブル・ディッピング」、解除後は「ダブル・ダブル」となる。
ちなみに英語では「Seeing Double」であり、これまた違う。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-15 (土) 22:16:14 (1314d)